イラストレーター浜野史子の空耳みたいな日々。


by hamawhoo

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:舞台・映画( 211 )

野田さんのグランプリ。

本日発表された『朝日舞台芸術賞』で、
NODA・MAPの『THE BEE』がグランプリに選ばれました。パチパチ。
この作品は『紀伊國屋演劇賞団体賞』にも選ばれたそうで、
これってそういう『賞』的な評価を受けられる作品だったのかと不思議な感じです。
いや、グレード的には郡を抜いていたので順当、なのかな???

ワタシ的にはもう、そりゃそうだろう、な評価です。
こういう賞が当事者にとって、業界にとって、どういう意味を持つのかは知りませんが、好きだった作品が世間的な評価を受けるのは、単純にウレシイ。
野田さんおめでとう〜。

今年はまだチケットを1枚も握っていないという異常事態(?)ですが
またゆるゆると芝居につかって楽しい1年を過ごしたいと思います。

今年もおもしろいお芝居にたくさん立ち会えるといいなぁ。
by hamawhoo | 2008-01-07 22:51 | 舞台・映画

『ミス・サイゴン』再々演

来年7月から10月まで帝劇にかかる『ミス・サイゴン』の第一次製作発表がありました。

エンジニア・・・市村正親、筧利夫、橋本さとし、別所哲也
キム…笹本玲奈、ソニン、知念里奈、新妻聖子
クリス…井上芳雄、照井裕隆、原田優一、藤岡正明
他、大勢のキャストさんがずら〜っと並ぶ華やかな製作発表だったようです。

主要キャストは2004年の再演時とそんなに変化ありませんが、
キム役から松たか子さんが抜けてしまったのは大変残念。
でもワタクシ的にはエンジニア役に変更がなく、市村正親・筧利夫 両氏が再び演じてくれるというだけで、もう全く文句なし!です。
半年以上先の話ですが、今から滅茶苦茶楽しみ。
一体何回行くことになるのか、貯金の残高が気になるところ…(まじで)。

筧さんはもとより、市村さんですら最近ではテレビドラマでお顔を拝見するようになりましたが、やはりお二人とも舞台に立つ姿が本来!という役者さんなので、本領発揮して頂きたいと思います。

それにしてもエンジニアキャスト4人が並ぶと、筧さん小っちゃいなぁ…(苦笑)
by hamawhoo | 2007-12-18 16:10 | 舞台・映画

NYLON100℃ 31st SESSION『わが闇』

何故か11月は意中の舞台がなく、1ヵ月半振りの観劇となりました。
偶然にも2本連続ケラさんの作・演出。

NYLON100℃ 31st SESSION『わが闇』
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:犬山イヌコ みのすけ 峯村リエ 三宅弘城 大倉孝二 松永玲子 
岡田義徳 坂井真紀 長谷川朝晴

ケラさんの作品としてはちょっと珍しいタイプの落ち着いた家族劇。
時間軸もまともだし、背景も登場人物もまとも。
なのにいつものブラックな笑いやわざと流れをハズすような
細かい芸の入れ方は絶妙で、うならされました。
もちろんNYLONの役者さんたちは完璧な芸達者揃いでいつも通り見事でしたが、
ゲストの岡田義徳・坂井真紀・長谷川朝晴、のお三方もぶらぼー。
坂井さんの舞台を観たのは3回目でしたが、すごく成長しておられました。
…なんつって、上から目線でスミマセン。

今回気になったのは舞台セット。最初から最後まで、フツーの民家。これのみ。
だけど気が付くとだんだんと床が……
っていうのが今回の隠れ重要ポイントなような気がします。周りに気付いてない人がちらほらいたので、ネタバレにならぬように注意喚起だけさせていただきました(笑)。
NYLONはいつも独特な芝居で決して一般的ではないのでちょっと人にはすすめ難いのですが、今回はオススメしてもよいのではないかと思います。

いいですよ、あまりに長くてお尻痛いけど…。
by hamawhoo | 2007-12-14 10:52 | 舞台・映画

渋谷区の日。

表参道のカフェの、コーヒーの値段にびっくりしつつ打ち合わせ。
土地代か。
おしゃれ雰囲気代か。

そのあと渋谷まで歩いて行ってパルコ劇場へ。
この世で一番くだらない芝居『犯さん哉』を観る。
ケラリーノ・サンドロヴィッチと古田新太のタッグ、ですから、
もう最大級のしょうもなさでした。(←すごく誉めてる。)
テーマもコンセプトも教訓も、感動も汗も涙も、
オチすらない芝居、というのも一生に一回ならいいなぁと思います。
とりあえず横隔膜が痙攣する程笑わせてはもらいました。

とにもかくにも、ものすごくくだらないものを身体はって演じる役者さん達に大拍手。
頑張れ中越典子(笑)
by hamawhoo | 2007-10-25 22:29 | 舞台・映画

『オセロー』

[演出]蜷川幸雄 [劇作・脚本]シェイクスピア [翻訳]松岡和子
[出演]吉田鋼太郎/蒼井優/高橋洋/馬渕英俚可/鈴木豊/山口馬木也/壤晴彦/他

本来あんまり得手ではないシェイクスピアですが、いつもは脇をしっかり固めている吉田鋼太郎さんが主役!ということで渋い舞台を期待してさいたま芸術劇場へ。

ところがその吉田鋼太郎さんが、風邪でもひいていたのか中盤から声ががらがらに。
それでも存在感は圧倒的でしたが…ちょっくらザンネン。

意外にも(失礼)デズデモーナ役の蒼井優ちゃんがとても良くてびっくり。
舞台慣れはしていないものの、無条件で人を惹き付けるオーラ満載。
アカペラでちょこっとだけ歌った歌もとてもきれいな声でうっとり。
映画にひっぱりだこな彼女ですが、今後も舞台を続けて欲しいなぁ、と思います。

更に。
馬渕英俚可さん、上手くなりましたね〜。
クライマックスで一番持っていったのは彼女ではないか。ブラボー。

おまけに。
ロダリーゴー役の鈴木豊さんは実は高校時代の同級生。
隣の席に座っていた人が、こんな大きな舞台に立つようになってしまうとは
当時は思いもよらなかった。
ちくしょ、サインもらっとけば良かったなぁ(笑)

それにしても。
シェイクスピアってちょっと我に帰ると台詞のひとつひとつが可笑しい。
そんな大袈裟な!
なんだその比喩は!
あんた思い込み激しすぎ!
…と心の中でツッコミの嵐が吹き荒れてしまいました。

シェイクスピアの観劇態度としてはよろしくないですねぇ(笑)。
by hamawhoo | 2007-10-11 09:31 | 舞台・映画

いたたた…

先月観にいった『すけだち』という舞台に
最近注目している“とみー”くんという役者さんが出ておりまして。
でもなんだか今回は精彩を欠いているような…と気になっておりましたら、
なんと当時、“膝の半月板損傷”状態だったとか。
千秋楽後、手術をしたんだとか。

ひぇぇ。

そんな状態であんな広い舞台を走り回っていたとは!

考えるだけでもイタタです。
これが役者魂というものでしょうか。スゴイ。
後日談、ということでご本人のブログに面白おかしく書いておりましたが、
当時はタイヘンだったことでしょう。

指をちょこっと切って血を出したくらいで、
もう絵が描けないなんてわめいているどこぞのイラストレーターに
ツメの垢でも煎じて舐めさしてやりたいですね。
(え?)
by hamawhoo | 2007-09-12 23:03 | 舞台・映画

もう1回行きたい。

劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り
『犬顔家の一族の陰謀〜金田真一耕助之介の事件です。ノート』

豪華なゲスト陣と豪華なセットと広〜い劇場で、
壮大なスペクタクル芝居を繰り広げることの多かった最近の新感線。
やっと、ファン待望の劇団員主体のネタもの芝居をやってくれました。
あまりにもばかばかしくて
くだらなさに涙。
ここまで達者な役者を集めて、ここまで必死にくだらない事やるなんて、
スゴイ。
お腹がよじれる程笑ってすっきりして、後に何にも残らない。
ブラボー。
いえ、誉めてるんです。
いつになく手放しで誉めてますよ(笑)。

笑いで病気が治る例もあるそうなので(極論)
こういう芝居を年に1回やってくれると健康でいられるんじゃないかなぁ、
と思いますがどうでしょう、いのうえさん。
by hamawhoo | 2007-08-22 22:44 | 舞台・映画

再び・コマ劇場

ぶりぶり文句を言っていたにも関わらず、
やっぱり行くんじゃん、の『すけだち』千秋楽。
初回で芝居の流れと出演者の実力の程は掴んだので、本日は主役の二人だけを観ることに集中(ヲイ)。
芸術的な殺陣とダンスをキメまくって、これでもかという長台詞を物凄い勢いと迫力で魅せて会場を圧倒したのに、カーテンコールでは噛みまくったお茶目な筧さん。
日を追う毎にどんどん役に入って行く感じは凄かった、あややさん。
カーテンコールでべーべー泣いていたのが可愛かったvv。

この二人から目線を外すと酷評しか口をついて出ませんので自粛。
というよりハナから企画(出演者の集め方)にムリありです、ネルケさん。
3歳児なみの滑舌のヒトは舞台にあげてはいけません。

“劇団鹿殺し”の脚本が生かされきっていないのが残念無念なので、
アングラ枠の役者さん達でこじんまりと再演希望。

とにもかくにも楽しい2時間のお盆休みでした(笑)。
by hamawhoo | 2007-08-14 22:46 | 舞台・映画

初・新宿コマ。

周辺のライブハウスには良く行っていたものの、実は中に入るのは初めてのコマ劇場。
『すけだち』
【音楽】つんく♂【脚本】劇団鹿殺し(丸尾丸一郎・菜月チョビ)【演出】岡村俊一
【出演】筧利夫 松浦亜弥
    北村有起哉 宮川大輔 富岡晃一郎 時東ぁみ たくませいこ
    ギャル曽根 2丁拳銃 他
という、こんな舞台を観て参りました。

筧さんは言うことなし、な役者ぶり、殺陣っぷりで感嘆。
あややはやっぱし可愛い。
というわけで、細かい感想は胸の中にしまいます(苦笑)。
筧氏が出ていなければ観ていない舞台なので、
それはそれで本来なら絶対観ることのないキャスティング揃いで、
夏のイベントとしては楽しかったです。

でも8割が口パクのミュージカル(のつもりらしい)って初めて観た。
びっくりした(笑)。
by hamawhoo | 2007-08-10 23:30 | 舞台・映画

英語はちんぷんかんぷんですが。

NODA MAP番外公演『THE BEE』ロンドンバージョン
におでかけ。
ミュージカルとかシェークスピアではない、
英語圏の方々の芝居というものを観るのは初めてで、
なんだか動作のひとつひとつがすごーくパントマイム的なのが印象に残りました。
日本語バージョンとは違う配役・演出も、やはり野田。
どう転んでもスゴイ。
アタマいい。
唸る。

この芝居は観る方も体力使います。
本日はキモチよく疲れました。
by hamawhoo | 2007-07-24 23:32 | 舞台・映画

LINK

浜野史子HP:ふう屋
facebook
instagram

グッズ販売
通販サイトからご購入頂けます。
minne
Creema

カテゴリ

全体
オリジナルグッズ
お仕事・作品
カレンダー
日々メモ
お知らせ
舞台・映画
展示

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ブログパーツ

ブログジャンル

クリエイター
絵日記・イラスト

画像一覧