イラストレーター浜野史子の空耳みたいな日々。


by hamawhoo

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NODA・MAP『 南へ 』観劇

野田地図第16回公演 /NODA・MAP『 南へ 』
作・演出/野田秀樹
出演/妻夫木聡 · 蒼井優 · 藤木孝 · 銀粉蝶 · チョウソンハ · 高田聖子· 山崎 清介・渡辺 いっけい


事前の情報シャットアウトで臨んだ今回のNODA・MAP。
序盤に提起されていた主題を中盤からごろっと差し替えられた時の妙な感覚を思うと、ネタバレは絶対出来ません。
あぁ、また厄介な芝居を観てしまいました。

そんなわけで内容はホームページへでも。
どなたかのブログへでも。
内容に関しての思うところは観劇された方、これから観る方におまかせです。

ただ、
日本の演劇界は、と言うかマスコミと言うか、色々な分野で。
この芝居はもっと取り上げて、話題にして、問題にしてもいいんじゃないかと思う。
賛でも否でもいい。もっと反応があってもいいかな、と。
劇場の外で抗議とかビラ配りとかあっても、いいくらいじゃないの? それがないって、私も含めて、まぁなんて温厚で無関心な国なんだろうなぁと。
ちょっと、そう、思いました。

こんなことを書くくらいだから、まぁ結構ヘビーな内容ですし、途中には居心地の悪さも不安定な『間』も感じました。
でも、最後には、とにかく拍手がしたかった。
役者を呼び出す為の拍手ではなく、純粋に芝居に対する拍手(だと私は感じた)があれだけ続くのは稀なことではないかしら。

なんだかんだ、
ずーっと野田を見続けている。
その理由がわかった(ような気がする)舞台でした。



さて。
ぐるぐるしている内容については脇に置いておいて今回の役者陣について。

役者のキャリアや地力の差が目についてしまうのはしょうがないことで、そこに蓋をすれば主演のお二人もなかなか良かった。
藤木さん・銀粉蝶さんはさりげない出方なのに別格。
山崎さんはやはりさすが。
そして野田マップ名物(だと私は思っている)頭抜けたアンサンブル。
と言うか、最初の頃『アンサンブル』と位置づけられていたからそう言ってしまうけど、もはやそうではないんでしょう。以前より確実に個々に役を振られているし、確実にそれに応えていました。
顔や声や台詞まわしの特徴を覚えてしまった人も数人。

そして。
『ザ・キャラクター』に続き三部作に出演したソンハ君が、めちゃくちゃ良かった。ちょっと、飛び抜けていた、ように思います。(余談ですが先日観た『熱海殺人事件NEXT』の大山金太郎役は、是非この人で観たかった!・・・とスケジュール的に無理なことを思っておりました。本日、その気持ちが再燃。)
更に
三部作『表に出ろい!』でオーディションに受かって娘役を演った黒木華さん。こちらもとても良かった、と思います。残念ながら前作ではダブルキャストで観られず。今回も出番の多い役ではなかったですが、何かを感じました。これからどんどん色々な舞台に出てきてくれることを期待。

いっけいさん、聖子さんについては元の評価が高すぎるので敢えてこの作品で触れるところもなく。ちょっとさみしい。
実力者はツライですね。


これにて怒濤の2月観劇はおしまい、です。
なんでこんなに今月は行きたい芝居が重なったんでしょう〜。
これでも他に3本、涙を飲んだ芝居があるのです。


やれやれ(笑)


---------------------------------------------------------------------------
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ
by hamawhoo | 2011-02-17 23:59 | 舞台・映画

LINK

浜野史子HP:ふう屋
facebook
instagram

グッズ販売
通販サイトからご購入頂けます。
minne
Creema

カテゴリ

全体
オリジナルグッズ
お仕事・作品
カレンダー
日々メモ
お知らせ
舞台・映画
展示

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ブログパーツ

ブログジャンル

クリエイター
絵日記・イラスト

画像一覧